校長挨拶

入学、進級を待っていてくれたかのよう満開の桜の中、111名の新1年生を迎え、全校児童764名で、久地小学校の令和6年度をスタートしました。

 

保護者の皆様、お子様のご入学、ご進級、おめでとうございます。始業式や入学式の日。子どもたちは、新しい学年やクラス、新しい友だちや先生との出会いを、わくわく感とドキドキ感いっぱいで迎えたことでしょう。わくわくドキドキの出会いを、そしてチャレンジすることを楽しめる安心感を大切に、日々の教育活動に取り組んでまいります。

保護者の皆様、地域の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、学校教育の目標は「生きる力」を育むこと確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を総合的にとらえたものが「生きる力」とされています。未来を生きる子どもたちに求められる力は、与えられたことや決められたことに取り組むだけではなく、自ら課題を発見し、他者と協働してその解決を図り、新しい知・価値を創造する力です。協力する力、問題発見解決型の力、そして困難なことにもあきらめず取り組む力を育てることを目ざします。ご家庭や地域の皆様方と連携・協働して教育活動を充実させていきたいと思います。

 

保護者の皆様、地域の皆様、ご支援ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

川崎市立久地小学校

 校長 小林 智子

 

4月12日(金)春さがし

   

 (2年生が)春さがしの学習をしていました。

まず、教室で、「春というと・・・」と、思い浮かぶものについて、子どもたちが自由に発表しました。チューリップ、たんぽぽ、さくら・・・。「花が多いね。」「本当かな?」

次に、外に出て、実際に春探しをしました。GIGA端末で、見つけた春の写真を撮り記録しました。それぞれが見つけた春。想像していたよりずっとたくさんありました。体験し、実感しながらの学びを大切にしたいです。

 

4月18日(木)町たんけん

    

 久地のまちには、どんな素敵なところがあるだろう。見て聞いて感じて発見できるといいね。実際にたんけんに出かけよう!道を歩く時にはどのようにすればよいだろう。公園ではどのように行動すればよいだろう。みんなで考えて確認してから、出発です。「行ってきます。」元気に町探検に出かけました。自分たちのまち 久地の素敵がたくさん見つけられるといいです。

 

4月18日(木)エンドウの収穫

 

 エンドウの収穫をしていました。「こんなにおおきくなったよ。」「ぷっくりふくらんでいるよ。」「見て見て。実のはしっこにお花がまだくっついているよ。」自分たちで育てたエンドウなので、声をかけなくても自分たちでよく観察していました。たくさんの発見をすることができました。私もおすそ分けをいただきました。ごちそうさまです。