4月

 4年生の体育。最初の単元は、「体ほぐしの運動」です。友達とペアになり、歩いたり走ったりする運動をしました。「なべなべそこぬけ」では、友達と手を離さずに体の向きを外側にしたり、元に戻したりして楽しみました。

 初めは2人組で行っていた運動が、いつの間にかクラスみんなでのチャレンジに。成功したときはみんなで大喜び。その後も何度も取り組んでいました。

5月

 5月9日(火)朝会がありました。4年生にとって、体育館に集まっての朝会は、初体験。体育館へ向かうことを伝えると

「え?なんで体育館に行くの?」

と、不思議そうにしていました。コロナ渦の3年間、教室で着席しテレビ画面に映される映像を見て話を聞く形式だったからです。

 今回は、1・4・6年生の3学年が集まっての分散型でしたが、6年生を見習って、話を聞く雰囲気をしっかりと作ることができた4年生です。

 

6月

6月28日(水)

 社会科の学習で、「出前ごみスクール」がありました。川崎市のごみ処理について環境局宮前生活環境事業所の方にお話をしていただきました。

ごみ収集体験では、収集車の仕組みを説明してもらい、ひとりずつごみの投入体験をしました。「ごみの分別ゲーム」では、ゲームを通して分別について詳しく知ることができました。

   

 

7月

7月13日(木)

天候に恵まれ 全5回の「浮く・泳ぐ運動」が無事終了しました。(※写真:6月撮影)

水中エクササイズとして、音楽に合わせ水の中で踊り、水しぶきをたくさん浴びました。前半は、一列ずつ「だるま浮き」や「けのび」などの基本の動きを確かめる活動をしました。後半は、自分のめあてに沿ったコース別に分かれました。それぞれのコースで、水をかけ合ったり、ビート板を使ってバタ足の練習に取り組んだりしました。

9月

9月21日(木)

4年生の総合的な学習の時間の福祉出張講座でゲストティーチャーに来ていただき、お話を聞きました。

見た目ではわからないが助けを必要としている人がいることを知ったり、何をどのようにどこまで手伝うかなどについて考えたりする機会になりました。

 

10月

 

10月16~17日

4年生の国語の教科書に載っている「ランドセルは海を越えて」の作者である写真家の内堀タケシさんが久地小学校に来校されました。

はじめは緊張気味の4年生でしたが、内堀さんにたくさんの質問をしていました。内堀さんは、質問にていねいにわかりやすく答えてくださいました。子どもたちが気になる写真について、その理由を話すと、内堀さんからも写真の状況についてお話がありました。内堀さんのお話は、現地で見たこと、感じたことなどとともに子どもたちへの熱いメッセージが込められていました。

短い休憩時間には、4年生全員の教科書にサインをしてくださいました。ありがとうございました。

 

   

 

11月

 

 11月17日(金)、高津区内の小学校が集まり、「川崎市男女共同参画センターすくらむ21」を会場として連合音楽会がひらかれました。久地小学校の4年生は、「銀河を照らす」を二部合唱し、美しい歌声を会場いっぱいに響かせていました。

 21日(火)の学校公開日には、保護者の方に聞いていただき、大きな拍手をいただきました。ありがとうございました。

 

12月

 11月30日(木)音楽の学習で箏体験をしました。4年生は、箏と尺八の音色や響きに興味津々。箏の演奏の仕方を教わり、2人組で譜読みと演奏をし、助け合いながら練習していました。「もうちょっとで弾けそう」と繰り返し取り組む姿が見られました。

  

 

1月

 

 1月18・19日にボッチャ体験をしました。

 ボッチャ体験をして、「ルールが簡単で分かりやすい」「ボールの投げ方が決まっていないのでだれでも楽しめる」「できそうでできないところがまたやりたくなる」「作戦を立ててボールを投げるのが楽しい」など、ボッチャの魅力を見つけていました。この体験をもとに総合的な学習の時間の学習を進めていきます。