「笑顔があふれる 明日が楽しみに思える学校に」

  木々の美しい芽吹きに囲まれ、新1年生136名を迎え、全校児童847名で川崎市立南百合丘小学校の2023年度がスタートしました。

 本校の教育目標は、「考える子」「思いやりのある子」「ねばり強い子」です。進んで学びよく考え、心豊かな思いやりのある、心身ともに健康でねばり強く取り組む子を育てることを目指しています。そのためには、毎日が楽しい学校でなくてはならないと考えています。昨年度も申し上げましたが、子どもたちはもちろん、学校教職員や保護者の皆様、地域の皆様にとっても、「明日が楽しみに思える学校」になってほしいと考えています。例えば、子どもたちには「今日は楽しかったな。明日もまた学校に行くのが楽しみだな。」と感じられるように。教職員には「明日もまたこどもたちのために頑張ろう。」と思えるように。保護者の皆様には、「明日も安心して送り出せる。」と感じていただけるように。そして地域の皆様には「南百合丘小学校が、私たちの地域にあってよかった。」と自慢していただけるように。そんな笑顔があふれる学校づくりをしていきたいと考えています。

これからも私たち教職員一同、一丸となって取り組んでいきたいと思います。保護者・地域の皆様におかれましては、今年度もこれまで同様に、本校の教育活動にご理解ならびにご協力をお願い申し上げます。