6月16日(金)

プール開きから5日目。3年生の一部が水泳学習に取り組みました。天気は良くても水温が上がらずなかなか入水できませんでしたが、今年度第1回目の水泳です。

入水の仕方を確認した後、だるま浮きなどの基本的なことを学習しました、また、バディで確認し合うことの大切さも改めて確認できました。

少し水の冷たさを感じたようですが、約束を守って楽しくしっかりと取り組むことができました。

6月9日(金)

梅雨に入り傘の出番が多くなってきました。登下校の際にもお互いの傘が当たらないよう気を付けながら歩いている様子が見られます。

今まで長期休み明けに行っていた職員による安全指導ですが、時期を分散して実施した方がよいという意見が職員から上がり、今年度から年間5回実施日を決めて行うことになりました。第1回目は雨の中ですが、春待坂の中腹の横断歩道、黄色コースのグリーンベルトに職員が分かれて登校指導を行いました。

 

4月28日(金)

昨日夕方、職員の自主研修を行いました。職員同士で互いに声を掛け合って、参加できる人が参加するのが自主研修です。

今回は、本校の職員が講師となって、「学級目標の作り方」についての研修でした。

子どもたちの実態や担任の願いなどを総合し、みんなで話し合いながら学級目標を立てると良い、という話を聞き、具体的にどんな言葉にすると良いのかを、参加者で話し合いました。「自分だったらこんな言葉にする。」「どうしてその言葉をキーワードにしたの?」「う~~ん、思い浮かばない。」などと、参加者で盛り上がりました。

簡単な言葉で、思いをイメージしやすい、愛着を持てるような学級目標が、各クラスで設定されることでしょう。様々な場で活用したり振り返ったリしながら、楽しい学校生活を送るよう、楽しみにしています。

4月19日(水)

中休みに校長室前の廊下から、小さな声が聞こえてきました。「入っていいのかな?」「ご自由にお入りくださいって書いてあるよ。」そして「失礼します。」の声と同時にノックの音。開けてみると2年生の児童が生活科の「春さがし」で色々なものを見つけたと報告に来てくれました。鳥の巣?らしきものを見かけたようで、早速見に行くと、確かに2羽のキジバトがじっと動かずに、互いをかばい合うように木の上に止まっていました。

他にもたくさんの春を見つけたようで「また報告に来るね。」と言って帰っていきました。楽しみにしています。